INSTRUCTORインストラクターINDEX

東京校RAPSIMON

1982年南米ボリビアでボリビア人の父と日本人の母の元に生まれ、2歳から東京で育つ。2006年のデビュー以来、自身名義の諸作品はもちろん、メジャー/インディーズ問わず幅のある客演仕事などで着実にキャリアを積んできたラッパー、SIMON。2010年にドロップした “Tequila, Gin Or Henny” は世界中に最先端の音楽を発信するUS大手ラジオ局のHOT97で日本人として初めてPLAYされる。2011年よりSTREET OFFICIAL / NEW WORLDへ移籍。全国のフロアで鳴り響き大きな話題となった “Zoo Rock” をはじめ、ハイクオリティな楽曲がずらりと並んだ2ndアルバム「TWICE BORN」では、“Destory To Create”(=破壊と創造)をテーマに生まれ変わった己の姿を提示。また同年10月には、同アルバムを引っさげた自身初のワンマン・ライブを渋谷duoMUSIC EXCHANGEで成功させた。翌2012年以降一層オファー数を増したフィーチャリング・ワークスをこなしながら、プロデュースにSONPUBを迎えた “IN THE BOX” をヒットさせると、同時期には新作への布石としてYouTubeで隔週ペースのドキュメンタリー・ドラマ『STREET OFFICIAL presents BRAVE』を展開。映像と現実がリンクするかつてない斬新な表現で周囲の期待を煽りながら、2013年4月、前作を上回るべく自己対峙をテーマとした3rdアルバム「B.U.I.L.D.」を発表した。そして2013年6月1日に開催された自身2度目となるワンマン・ライヴ “B.U.I.L.D. THE LIVE” を代官山UNITで成功させ、確実にネクスト・ステージへ達したことを証明した。また、2014年に公開された園子温監督の映画『TOKYO TRIBE』では、俳優陣へのラップ指導を担当し、自身も出演。そして同映画の主題歌も担当した。
ここ数年は自身の活動と並行し韓流アーティスト 2PM、GOT7を始めとする国内外のアーティストへの数々の歌詞提供も行なっている。2015年12月には、韓流アーティスト 2PMのJun. K 氏とのコラボシングル「#Chameleon feat.Jun. K」を配信リリースした。

そして2016年6月、待望のオリジナルアルバムが完成。フューチャリングには Jun. K(From. 2PM)、般若、IO&RYKEY、JAZEE MINORらが参加。ジャンルを超えボーダレスに活動してきたSIMONならではの、軽妙で色鮮やかなラインナップに仕上がった。東京HIP HOPシーンの生き残りとして、東京を象徴する『03(市外局番)』を冠した、自身のマイルストーンとなりうる1枚。ラッパーとして常に前衛的な活動をしながらマルチな才能を発揮し続けている。